2008年04月25日

ヤッターマン 発進!ヤッターメカ

yata000a.JPG
ヤッターメカの食玩を購入して来ました。







【パッケージ】
yata001.jpg
すばる堂 ヤッターマン 発進!ヤッターメカ ¥315円(税込)





【ラインナップ(全3種類)】
yata002.jpg
3種類ともゼンマイによる、走行ギミックがあります。
ヤッターワン、オモッチャマは直進しますが、おだてブタはホイールのサイズが左右で
異なるので、円を描きながら走行します。






【ヤッターワン】
yata003.JPG
小さい割りに意外と塗装が行われていますが、シールの部分も多くなっています。
額のエンブレム、目、肩の赤い部分、胸部の白い部分、拡声器、足の間の黒いライン
…などがシールを使用しています。




【SIDE】
yata004.JPG





【BACK】
yata005.JPG
背中の白い部分、肩の赤い部分、胴体側面のエンブレム、脚部バーニアの間の黒いラインに
シールが使用されています。
材質が紙製なので、剥がれやすいのが難点です。(’〜’)






【オモッチャマ】
yata006.JPG
頭部エンブレム、顔面、サイコロの模様、脚部側面の丸 がシールで再現されています。




【BACK】
yata007.JPG
個人的にオモッチャマの立体物が欲しかったので、今回のヤッターメカの中では
マストゲットアイテムだったりします。 ヽ(’∀’)ノ




【可動部】
yata008.JPG
頭頂部のプロペラ、腕の付け根が可動します。






【おだてブタ】
yata009.JPG

ブタもおだてりゃ木に登る…




【FRONT】
yata010.JPG
こいつもヤッターメカなのか…? (’〜’;)





【BACK】
yata011.JPG
おだてブタの声は、(故)富山敬氏がベストだったと思います。
山寺宏一氏のおだてブタは、少し力み過ぎている気がします。(’〜’)







【ヤッターワン サイズ比較】
yata012.JPG
DX版はさすがに巨大です。
まるで食玩のヤッターワンがビックリドッキリメカに見えます。(’〜’)








yata013.JPG
口の中に入れてみました。
ちょっと大きかったようです。(’〜’)








【いっちょやってみっかー!】
yata014.JPG
「勝利のポーズ!」




yata015.JPG
「ヤッター、ヤッター、ヤッターマーン!」





yata016.JPG
「ヤッターワンッ!」


これがやりたかったのですよ。(’∀’)





【感想とか】
yata017.JPG
ミクロアクションのヤッターマンに合うサイズの、オモッチャマが欲しかったので
丁度良いサイズのオモッチャマが発売されて良かったです。(’∀’)

次はトランスフォーマーのノウハウを駆使した、完全変形・マスターピース
オモッチャマの発売をよろしくお願いします。タカラトミーさん。(’〜’)


posted by G.S.R. at 09:43| 山口 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このオモッチャマ、サイズはミクロアクションと完璧にあってますね♪
ドロンボー一味はミクロアクションで出てるんですかねぇ?「おだてブタ」もあるなら揃えたいところですね☆(^∀^人)

個人的には…
ヤッターマンに登場するメカで一番スゴイのはオモッチャマでもヤッターワンでもなく、毎回神がかり的なタイミングで登場する「おだてブタ」だと思います。
Posted by こうすけ♪ at 2008年04月25日 23:58
こうすけ♪さん>コメントありがとうございます。
おだてブタとドロンボー一味は揃えてみたいですね〜。(^^)
しかし、発売中のドロンジョはともかくボヤッキーとトンズラーの
体型ではミクロマン化は厳しい気がします。(^^;)
Posted by GSR at 2008年04月26日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。