2009年07月08日

HDM創絶 ウルトラマン 〜遊星から来た兄弟編〜

hdmu001.JPG
先日の体調不良から、更新をサボりまくってスンマセンでした。(’〜’;)

復帰一発目はHDM創絶ウルトラマンです。











【パッケージ】

hdmu002.jpg hdmu003.jpg
1.ウルトラマン[Bタイプ] ¥399円(税込)




hdmu004.jpg hdmu005.jpg
2.ウルトラの父 ¥399円(税込)




hdmu006.jpg hdmu007.jpg
3.にせウルトラマン ¥399円(税込)




hdmu008.jpg hdmu009.jpg
4.ザラブ星人[巨大化Ver.] ¥399円(税込) ※等身大Ver.有り 





hdmu010.jpg hdmu011.jpg
5.カネゴン[カラーVer.] ¥399円(税込) ※モノクロVer.有り








【ウルトラマン[Bタイプ]】
hdmu012.JPG
ウルトラマン第14話〜第29話で使用された、Bタイプのウルトラマンです。







【SIDE】
hdmu013.JPG

hdmu014.JPG





【BACK】
hdmu015.JPG
Bタイプの特徴の一つである、カカトのヒレも再現されています。






【上半身UP】
hdmu016.JPG
約¥400円なら、十分な出来かな?(’〜’)









【ウルトラマン3種比較】
hdmu017.JPG
ウルトラマンAタイプは前回の、HDM創絶超ウルトラ8兄弟 −後編−でラインナップ
されていましたが、スペシウム光線のポーズだったので、HD−Sウルトラマン 
歴戦の勇者と迫り来る侵略者編
の時に出たAタイプを並べています。
Cタイプは、HD−Sウルトラマン−平和の使者と宇宙の強者編−の物ですが、
目が透明すぎて出来が良くありません。 (’〜’)
CタイプもそのうちHDM創絶で出して頂きたいです。(後回しで良いけどね。)







【ウルトラの父】
hdmu018.JPG
何かどこかで見た事がある様な気がしたら、以前の物と同じでした。(’〜’;)




【SIDE】
hdmu019.JPG hdmu020.JPG





【BACK】
hdmu021.JPG









【HDウルトラの父と比較】
hdmu022.JPG
右側がHDウルトラマン−伝説の系譜−のウルトラの父ですが、
並べてみたら殆ど一緒です。(’〜’;)
画像では分かりにくいですが、今回のHDM創絶の方が、塗装のはみ出している箇所が
少し多めでした。
HDのウルトラの父を買い逃した人は、良かったかも知れませんが、これでは
穴埋め要員ですね。(’〜’)
せめて腕にウルトラアレイでも持たせるとか、すれば良かったなあ。








【にせウルトラマン】
hdmu023.JPG
地球人とウルトラマンの関係を険悪化させようと狙うザラブ星人が化けた偽者であり、
ハヤタを拉致した上で夜の市街地を破壊した。あくまでザラブが姿を真似ただけなので、
スペシウム光線などの特殊能力を備えているわけではなく、殴る・蹴るくらいしか能がない。
ムラマツたちは見分けが付かず困惑していたが、本物に比べ目が異様なまでに
釣り上がっており、他に耳やつま先が尖っていてボディの赤いラインに黒い縁取りが
見られるなど本物と異なる点が多く、区別は容易である。暴れているところへ
思いがけず本物が現れ、戦いになるが所詮かなうはずもなく、形勢不利と見て空へ
飛び上がって逃げようとするが、そこへすかさずウルトラマンが放ったスペシウム光線を
食らい墜落、変身が解けてザラブの本性を曝した。(Wikiより引用)






【SIDE】
hdmu025.JPG hdmu026.JPG






【BACK】
hdmu024.JPG








【上半身UP】
hdmu024a.JPG
左目の下の塗装がはみ出していて嫌な感じです。




hdmu024b.JPG






【ウルトラマンと比較】
hdmu027.JPG
にせウルトラマンの原型となった、ウルトラマンAタイプと並べてみました。





hdmu028.JPG
ついでに劇中で戦った、ウルトラマンBタイプと並べてみました。







【ウルトラマンVSにせウルトラマン】










【凶悪宇宙人ザラブ星人[巨大化Ver.]】
hdmu029.JPG
これまでにも多くの星を滅ぼしてきたザラブ星の工作員の一人。
母星のザラブ星はペダン星と同じ第8銀河系にあると語っていた。
ザラブ星人達は他の文明を滅ぼすことを目的としており、様々な星で暗躍している。
「ザラブ」とは、母星語で兄弟という意味だと語っていたが、それが本当かどうかは疑わしい。
怪音波とそれを利用した催眠術、指先からのエネルギーバルカン、身体から放出する
放射性ガスの他に高い耐久性を持ち動くほどより強力に拘束するが人間の涙を浴びると
劣化する拘束用テープを持つ。
別名に凶悪宇宙人とあるように、非常に悪質な手口で地球を侵略しようとした宇宙人である。
最初、突如として地球上に広まった放射性ガスを簡単に取り除き、更に軌道を
間違えたという地球側の土星ロケットを地球に誘導し、地球人に対して友好的であるかの
ような行動をとっていたが、実はそれらは全て演技であった。ウルトラマンである
ハヤタ隊員を捕獲して、ベータカプセルを奪おうとするが、ハヤタはその時
ベータカプセルを「忘れて」しまい奪えなかった。
その後、ウルトラマンそっくりのにせウルトラマンに変身し、街を破壊することで
ウルトラマンを人類の敵のように思わせようとした。
しかし、ホシノ少年がハヤタを救出したため、本物のウルトラマンと戦うことになり、
スペシウム光線を打ち込まれたことで変身が解け、そのままウルトラマンと戦うが、
最後はスペシウム光線で倒された。(Wikiより引用)







【SIDE】
hdmu030.JPG hdmu031.JPG





【BACK】
hdmu032.JPG






【上半身UP】
hdmu033.JPG
突撃ヒューマンみたいな目をしています。(’〜’)







【凶悪宇宙人ザラブ星人[等身大Ver.]】
hdmu034.JPG
巨大化Ver.との違いは、左手に持った携帯用電子頭脳と、耳が飛び出ている所です。







【BACK】
hdmu035.JPG






【上半身UP】
hdmu036.JPG
耳が飛び出ています。








【携帯用電子頭脳】
hdmu037.JPG
ザラブ星人が驚くべき科学力で、短時間のうちに組み立てた。翻訳機も兼ねる。
(竹書房刊:ウルトラマン画報より引用)




hdmu038.JPG
裏側にはボタンとかありません。








【ザラブ星人比較】
hdmu039.JPG
いつ見ても、何かムカつく顔をしています。(好きな人スマン)








hdmu040.JPG
向かい合わせると、ガッツ星人やピット星人みたいな二人組み宇宙人にも見えます。
※会話の記号には全く意味がありません。(’〜’)









【コイン怪獣カネゴン(カラーVer.)】
hdmu041.JPG
振るとお金の音がする繭を手に入れた加根田金男少年が、変身した姿。
お金を食べ続けないと餓死してしまう。
胸にはレジスターが付いており、食べたお金の金額がカウントされ、カウンターが
0になると死ぬ。
元の姿に戻るには、金男の仲間たちがヒゲ親父と呼んで恐れる現場監督(演:渡辺文雄)が
逆立ちしなければならない。
苦心惨憺(くしんさんたん)の末にヒゲ親父の逆立ちに成功。
空中高くカネゴンが飛び去った後に金男の姿に戻れたものの、人の落としたお金を
ネコババした両親が、カネゴンになってしまった。
(竹書房刊:ウルトラマン画報より引用)







【SIDE】
hdmu042.JPG

hdmu043.JPG





【BACK】
hdmu044.JPG








【頭部UP】
hdmu045.JPG
だらしない目をしています。

更に口の中を見ると…














【口の中】
hdmu046.JPG

「ギャー!!」 ((’〜’;)))!!


何か口の中にあるなあ。…と思って見てみたら、演者の中村晴吉氏の顔がモールドされて
おりました。(’〜’;)

今までカネゴンの立体物は、持ってなかったのですが、ある程度のサイズの物は
口の中に、人の顔が再現されてるんですかね?(’〜’;)
カネゴンって可愛い怪獣かと思っていましたが、不気味な妖怪の類に見えてしまいます。









【コイン怪獣カネゴン(モノクロVer.)】
hdmu047.JPG
これからHDM創絶で、ウルトラQの怪獣がラインナップされたら、常にカラーと白黒で
2種類登場するのだろうなあ。(’〜’)






【BACK】
hdmu048.JPG










懲りずに… 【口の中】
hdmu049.JPG

『ギャーッ!!』 ( ̄口 ̄;)!!

やはり怖いよ、中の人。((’〜’;)))







【カネゴン2種を比較】
hdmu050.JPG
モノクロVer.も味わいがあって、中々良いと思います。










【感想とか】
hdmu051.JPG
「遊星から来た兄弟編」と言う事で、ザラブ星人と、にせウルトラマンが良い感じでした。
(あと怖いカネゴンも)

今回のパッケージ裏側には次回予告が無かったのですが、次も楽しみです。(’∀’)

















posted by G.S.R. at 09:47| 山口 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ウルトラマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
復帰、おめでとうございます!!

カネゴン、なんか呪われそう。。。
もっと他にこるべき造形があるような気がしますが、
言ってはいけないのかな。。。
Posted by terra2001a at 2009年07月11日 22:05
カネゴン、コミカルなイメージの怪獣ですが、本当に口の中に顔があったら、怖いですね。

本当ににせウルトラマンとウルトラマンが出たとして、区別がつかないのは未就学児だけでしょうね。なんで、劇中ではみんな・・・・・・。(^^;)
Posted by ダミアン at 2009年07月12日 09:43
terra2001aさん>コメントありがとうございます。
カネゴンの口の中に、人の顔がモールドされているとは知らなかったので
今回は驚きました。(^^;)
Posted by GSR at 2009年07月12日 22:21
ダミアンさん>コメントありがとうございます。
個人的に今回のHDM創絶で、カネゴンのイメージがガラッと変わってしました。
(((;´Д`))ガクガク…

確かにヒーローの偽者が出てきた時って、「どっちが本物なんだー!?」とか
言ってますね〜。(>∀<)おまいら気づけよ!
Posted by GSR at 2009年07月12日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122906883
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。