2009年03月09日

超合金 星雲仮面マシンマン

mac001.JPG
マシンマンの超合金を購入しました。 ヽ(’〜’)ノ








【星雲仮面マシンマンOP】

星雲仮面マシンマンは、1984年(昭和59年)に放送された、特撮ヒーローです。
原作は石ノ森章太郎氏で、戦隊ヒーローやメタルヒーローに比べて、
マイナーな感じですが、放送当時は大好きで見ておりました。(’∀’)

主題歌を歌うのは、バトルフィーバーJ、大戦隊ゴーグルV、ダイナマン、
光速電神アルベガスetc… のMOJO、作曲はルパン3世(第2シリーズ)
キャプテンフューチャー、スペースコブラなどの作曲を担当された大野雄二氏と
なっており、個人的に大好きな特撮ソングのひとつでもあります。(’∀’)

あと、主役の兄ちゃんが、SUZUKIカタナに乗っているのもポイントが高いです。
ヽ(’∀’)ノ







【パッケージ】
mac002.jpg
超合金GC−10 星雲仮面マシンマン 定価¥1,200円





【パッケージ裏側】
mac003.jpg
パッケージの状態はかなり良くありませんが、無いよりマシ? …と言った感じです。







【パッケージ拡大】
mac005.jpg
『ダイシン 特¥480円 おつとめ品』の値札シールが、叩き売りされていた事を
物語っており、何とも悲しい感じです。(’〜’;)

値札シールは剥がしたかったのですが、破れてしまいそうだったので中止しました。







【説明書】
mac006.jpg
部品請求書が付いてます。
今回のマシンマンは、レーザーサーベルが紛失していたので、対応してくれたら
凄い嬉しいですが、まず無理です。(’〜’)







【FRONT】
mac007.JPG
マシンマンはアイビー星から来た宇宙人、ニックこと高瀬健が、専用マシン・ドルフィンの中で
イクシードコンバートされて変身するヒーローである。
(注:必ずしもドルフィンの力が無いと変身出来ない訳ではない)
彼が着用しているウォーリアスーツは、強大な跳躍力を生み、時速80kmの速度で
走る事ができ、60階建てのビルをひとっ飛び、弾丸にも耐える。
真紀が名付けた「マシンマン」という名前を気に入ったので、以後、そう名乗る。
そのため、1話ではマシンマンとは名乗っていない。(Wikiより引用)





【正面】
mac008.JPG
胸部アーマーの「Mマーク」は塗装がはみ出しまくっていますが、細かい模様とかは
シールで再現されていて、意外と良い感じです。
頭部は、口がちょっとでかすぎる気がしますが、DXポピニカ・マシンドルフィン付属の
マシンマンの口は、銀メッキだった様な気がするので、肌色で良かったです。





【SIDE】
mac009.JPG mac010.JPG
手袋とブーツは変色してしまっています。




【BACK】
mac011.JPG
印象的な透明マントが付属していないのが残念です。(’〜’)




【斜め後ろ】
mac012.JPG







【上半身UP】
mac013.JPG
頭部のマスクは、ライダーマンとか、シルバー仮面(初期の方)を彷彿する、口の部分が
丸出しとなっているデザインです。
しかし、そのデザインのおかげで、当時のマシンマン・ヘルメットは玩具にしては
妙にリアルだった様な気がします。(CMで見る限り…)
少なくとも電王ヘルメットよりは、リアルだと思います。(’〜’)



【マシンマン・バイクロッサーの玩具CM】

個人的に昔から「マシンマン通り」と言うのが謎でした。(’〜’;)









【可動とか】
mac014.JPG
前に購入したジャスピオンよりは、少し可動範囲が広いようです。




mac015.JPG
ヒジは90度曲がりません。各部の金属製のピンはサビまくっているので、
動かすとギシギシと不快な音を立てたり、塗装粉の様な物が落ちてくるので
触るのが恐ろしいです。(’〜’;)







【ワープスロットル】
mac016.JPG
ドルフィンを召還する装置。戦闘時は空に放り投げるとスロットルガンに変形する。
スロットルガンは攻撃用ビームだけでなく、牽引ビームや、溶解泡等も発射可能。
緊急で発射する時は空に投げず、右腰のベルト(にあるボックス)に手を添えると現れる。
使用する前や後、ガンスピンを行う事がある。(Wikiより引用)






mac017.JPG
本来は腰に収納されている際は、折りたたまれている筈ですが、超合金では
全く再現されていません。








【マントを再現してみた】
mac018.JPG
マシンマンの特徴的(?)な透明ビニールマントを、作ってみました。





mac019.JPG
材料は適当なビニールに、G.F.F.とかの梱包に使われている針金を瞬着で
くっつけて使用しました。ものすごい適当です。(’〜’;)





【BACK】
mac020.JPG
両面テープで固定しています。
ちなみにマントは撮影後、ゴミ箱へ直行しました。(’〜’;)






【サイズ比較】
mac021.JPG
超合金ジャスピオンは発売時期も近い事もあり、ほぼ同じ様なサイズです。







【感想とか】
mac022.JPG
何やらメガハウスから夏頃に、完全新素体のマシンマンの可動フィギュアが発売されるとかで
個人的に非常に気になっております。(’〜’)

メガハウスなんで、てっきりアクションワークスのシリーズで出すのかと思いましたが、
出来に関してはちょっと不安ですけど、マシンマンをチョイスした所を評価したいです。(’∀’)














posted by G.S.R. at 17:30| 山口 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マシンマンは放送してなかったので、当時は、テレビマガジンとかの子供向け雑誌でしか見たことなかったです。

それ故、むき出しの口元、寝そべって乗る車などだけが気になっており、全く興味を持てませんでした。まさかGSRさんが、大好きだったとは!(^^;)
Posted by ダミアン at 2009年03月15日 16:33
ダミアンさん>コメントありがとうございます。
やはり、世間一般的にはダミアンさんのおっしゃる通り、マシンマンは
不人気なのだと思います。(^^;)
当時の私は、友達をむりやり家に連れて来て、マシンマンのを放送を見たりしておりました。
何とひどい小学生なのでしょう。(’〜’;)
Posted by GSR at 2009年03月16日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115360762
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。