2009年03月07日

トランスフォーマーオルタニティ A-01 NISSAN GTR/コンボイ バイブラントレッド

gtr001.JPG
遅くなりましたが、先日購入したTFオルタニティのGT−Rコンボイです。








【パッケージ】
gtr002.JPG
トランスフォーマーオルタニティ A−01
NISSSAN GT−R/コンボイ バイブラントレッド ¥4,725円(税込)





【パッケージ裏側】
gtr003.jpg






【説明書(カラー面)】
gtr004.jpg

gtr005.jpg






【カーモード】
gtr007.JPG
モデルになっているのは、NISSAN GT−R(R35型)です。
今回はコンボイの形態を重視してレッドVer.を購入しましたが、シルバーの
GT−Rはたまに見かけますけど、赤いGT−Rは見た事が無いので、
どうも違和感があります。(’〜’;)




【正面】
gtr008.JPG
分割線が目立ちます。
スケールは1/32と言う事で、1/24のバイナルテックよりコンパクトです。




【SIDE】
gtr009.JPG
タイヤはゴム製で、ディスクブレーキもそれっぽく再現されています。
フロントタイヤは、バイナルテックではステアリングがきれた気がしましたが
オルタニティでは転がし走行のみで、左右への可動は無くなりました。




【BACK】
gtr010.JPG





【斜め後ろ】
gtr011.JPG





【ドアやボンネットの開閉】
gtr012.JPG
バイナルテック同様に開きます。





【ボンネット】
gtr013.JPG
実際のGT−Rのエンジンは良く知らないので、分かりませんが、変形ギミックの為に
スカスカしています。




【運転席側】
gtr014.JPG
ハンドルには一応ウインカーやワイパーとかも、再現されております。
メーターとかは真っ黒で、シフトノブやサイドブレーキも一応、再現してある
…と言った感じですけど、スケールモデルじゃないから、がんばってる方かと思います。





【助手席側】
gtr015.JPG
シートの後ろの青い物は、ロボットモードの拳です。








【車体裏側】
gtr0100x.JPG
この様になっています。(’〜’;)









【トランスフォーム開始!!】
私は構成力が極めてゼロに近い男なので、実際の説明書に沿った変形パターンで解説します。
説明が長いので、読むのが面倒な人は下まですっ飛ばして下さい。(’〜’;)


gtr016.jpg

gtr017.JPG
1.車体の後ろ半分のジョイントを力技で、「エイヤー」と外します。






gtr018.jpg

gtr019.JPG
2.車体後部を斜めに開きます。





gtr020.JPG
3.タイヤの上のパーツを回転させます。

gtr021.JPG






gtr022.jpg

gtr023a.JPG
4.リアウインドー及びリアウイング部を開きます。

gtr024.JPG






gtr025.jpg


gtr026.JPG
5.リアウインドー及びウイング部を畳みます。

gtr027.JPG

gtr028.JPG






gtr029.jpg

gtr030.JPG
6-1.車体後部から、つま先を出します。


gtr031.JPG
6-2.脚部(車体後部)を引き出します。


gtr032.JPG
6-3.リアフェンダー部を180度回転させます。


gtr033.JPG
6-4.リアフェンダー部のピンとつま先を合わせます。


gtr034a.JPG
6-5.反対側の足も同じ様に変形させます。






gtr035.jpg

gtr036.JPG
7.斜めになっていた足を、ヒザから回転させてまっすぐにします。





gtr037.jpg

gtr038.JPG
8.フロント部を内側へスライドさせると、連動してドアとボンネットが開きます。

gtr039.JPG








gtr040.jpg

gtr041.JPG
9-1.車体前部を曲げて、体を起こします。


gtr042.JPG
9-2.更に車体前部を曲げて、ジョイント部を接続します。


gtr043.JPG
9-3.上半身を起こします。

gtr044.JPG



gtr046.JPG
9-4.正面側から見た状態。






gtr045.jpg


gtr047a.JPG
10.ドア下部のパーツを回転させます。

gtr048.JPG






gtr049a.jpg

gtr050.JPG
11.腕を下げます。




gtr052.jpg

gtr053.JPG
12-1.シートを畳みます。


gtr054.JPG
12-2.スライドさせます。

gtr055.JPG






gtr056.jpg


gtr057.JPG
13.腕のパーツを倒します。

gtr058.JPG
ここのパーツは(10)の所で移動させた気がするのですが、何か意味あるのかな?
(’〜’;)





gtr059.jpg


gtr060.JPG
14-1.ドアをジョイント部から曲げます。


gtr061.JPG
14-2.更にドアの部分を曲げます。

gtr062.JPG






gtr063.jpg


gtr064.JPG
15.エンジン部(頭部)を180度回転させます。

gtr065.JPG








【完成!ロボットモード】
gtr066.JPG
顔とか、腰のデザインが一応コンボイっぽくなっています。




【正面】
gtr067.JPG




【SIDE】
gtr068.JPG gtr069.JPG




【BACK】
gtr070.JPG




【斜め後ろ】
gtr071.JPG







【可動とか】
gtr072.JPG
腕は横まですら上げられませんが、足は非常に可動範囲が広くなっています。
あと、股間とヒザにはクリックがあり、カチカチカチ…と小気味良い感じに動きます。





gtr073.JPG
デザインがごちゃごちゃしているので、分かりにくいですが、ヒジとヒザは90度曲がります。





gtr075.JPG
立て膝は出来ません。




gtr076.JPG
胴体などにダイキャストパーツが使われていて、それなりに重量感があるので
片足立ちが可能です。





gtr074.JPG
つま先はボールジョイントで接続ですが、かかと側に固定されていて、殆ど動きません。
あまり接地性は良いとは言えませんが、腰アーマーの無い股間軸や、ヒザの上に
ロール軸もあるので、足の可動は結構良い感じです。






gtr077.JPG
ハセガワスタンドでは、ダイキャストパーツ使用のロボットを支えるのは厳しい感じです。




gtr078.JPG
アクションベースもちょっと危ない感じでした。
出来れば専用のスタンドがあったら嬉しかったです。





gtr072a.JPG
最近のトランスフォーマーに良くある、頭部に光を当てると目が光るギミックも健在です。






【WEAPON】
gtr079.JPG
武器は腕のシート裏に収納されている「対ハイセリオン徹界タキオンブラスター」しか
ありません。




gtr087.JPG
説明書に書かれている解説では…
「過去や未来、または別世界に存在する標的を狙撃可能な超遠隔射程武装」などと言う
恐ろしい機能を備えているみたいですが、個人的に銃が付いていないのはイマイチな感じです。

次回のフェアレディZのメガトロンに刀が付くのに対して、GT-Rコンボイの武器は
これだけなので、寂しい感じです。
遠くから見たら、あまり良く分かりません。(’〜’;)




gtr086.JPG
SGガンダム(1/200)のビームライフルを持たせてみました。
手の穴が小さいので、1/144クラスの武器はグリップの部分を削らないと
持てないと思います。(今回は面倒なのでやっていません)












【私にはこの様に見えた…】
gtr081.JPG

アナ:「あ〜っとベアークローが…、二刀流だー!!」






gtr082.JPG

GT−R:「100万パワー+100万パワーで200万パワ――!!」

「いつもの2倍のジャンプが加わって、200万パワー×2の400万パワーッ!!」






gtr083.JPG

GT−R:「そして、いつもの3倍の回転を加えれば400万×3の」







gtr084.JPG

GTR:「お前を上回る1200万パワーだ――っ!!」



     <糸冬>  誰と戦っているかは謎。










【サイズ比較】
gtr088.JPG
1/144ガンダムより一回り大きいサイズです。




gtr089.JPG
劇場版TFのバンブルビーと比べると同じくらいのサイズでした。
できればコンボイはでかくて、バンブルは小さい方がいいなあ。(’〜’;)




【SIDE】
gtr090.JPG
車体のフロントが胸部とか、ドアが肩の辺りとか、後輪及びリア部が脚部になったりと
各部の配置などは似たような感じになっています。




【BACK】
gtr091.JPG
GT−Rはビークルモードで分割線を増やさない為に、ボンネットや屋根が
そのまま残っていますが、バンブルビーは容赦なくバラバラです。






【ビークルモードで比較】
gtr093.JPG
こちらも似たようなサイズです。






【SIDE】
gtr094.JPG
実際のGT−Rのボディサイズは、全長4655mm、全幅1895mmとの事です。
対するバンブルビーのベース車両である新型カマロは、全長4836mm、全幅1918mm
となっているので、カマロの方がサイズが大きい筈なのですが…








gtr095.JPG
実際に立ててみたら、GT−Rの方が大きかったです。
スケール合ってないですね。(’〜’;)







【ついでに他のスカイラインと並べてみた】
gtr096.JPG
ミニッツレーサーのスカイラインシルエットです。
最初、同じ1/32スケールかと思っていました。(’〜’)






gtr097.JPG
続いて西部警察のマシンRS−1です。



【SIDE】
gtr098a.JPG



【BACK】
gtr098.JPG
スカイラインシルエットはエアロパーツで、スケール感が良く分からなかったのですが、
RS−1は実際の車両に似た様な雰囲気です。
しかし、R30が現行のR35よりでかい事は無いだろう。
…と思ったら、ミニッツレーサーはサイズが1/27でした。(’〜’;)






【感想とか】
gtr080.JPG
最初、変形パターンが良く分からなくて(特に脚部)何とダメな玩具を
購入してしまったのだろう。
…と凄いがっかりしていたのですが、説明書を見なくても変形が出来るようになってくると
各部の構造が理解できる様になって、中々面白い変形と思えるようになりました。
次回のメガトロンはほぼ購入決定となりましたが、予算に余裕があれば、
シルバーのGT−Rも購入したいと思います。 ヽ(’∀’)ノ







posted by G.S.R. at 11:10| 山口 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | その他ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詳細なレビュー、お疲れ様でした。お陰で、複雑な変形パターンが理解できましたです。ありがとうございました。途中でウォーズマンが出てきたり、スカイラインのレビューに変わっている?!のも、楽しかったです。確かに、シルバーも似合う感じがしますね。ムムム。。。しかし、この複雑な変形を考える人って、スゴイですよね。尊敬します。次回は、Zメガトロンとか、またレビューお願いしますね。 
Posted by terra2001a at 2009年03月07日 13:58
もう少し大きいと思ってましたが、結構小さいんですね。でも、この複雑な変形は一度体験してみたいです!(^0^)/
Posted by ダミアン at 2009年03月08日 11:06
terra2001aさん>コメントありがとうございます。
ヘタレなレビューにありがたいお言葉を頂き、感謝しております。(^^;)
メガトロン乙も楽しみです。(’∀’)
Posted by GSR at 2009年03月08日 13:50
ダミアンさん>コメントありがとうございます。
バイナルテックより一回りコンパクトですけど、中々良い感じです。(’∀’)
最初は変形が難しかったので、触るのが嫌でしたが、今では楽しんで
変形させています。(^^)
Posted by GSR at 2009年03月08日 13:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115087651
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。