2009年02月04日

超真合金DX 大巨神 

csg001.JPG
超真合金の大巨神を購入して来ました。







【ヤットデタマンOP】


やっと、やっと、ヤットデタマーン!! デタマーン!

タイムボカンシリーズ第5作目のヤットデタマンは、前作までの主人公が男女ペアから
男性一人となったり、巨大メカは動物型メカからスーパーロボットに変更されました。
敵の3悪のデザイン(コケマツ&スカドン)が、他のシリーズと異なっているのも特徴的です。








【パッケージ】
csg002.JPG
ユニファイブ 超真合金CSG−04 大巨神 ¥12,800円






【パッケージ裏側】
csg003.JPG




【中身】
csg005.JPG




【大河原邦男の書き起こし複製原画(初回限定)】
csg006.JPG
画像が小さいので分かり難いですが、微妙にデッサンが狂っている様な…
つーか、こんなん付いてても嬉しくないです。(’〜’;)




【特製ピンズ(初回限定)】
csg007.JPG

驚き、桃の木、山椒の木、
ブリキに、タヌキに、洗濯機!
やって来い来い、大巨神!


大巨神を召喚する時に使用する錠前と鍵の形をしたピンズが付属します。
実際に鍵穴に刺さったら面白かったですが、穴は埋まっています。(’〜’;)残念
パッケージによると初回限定アイテムらしいですが、初回版しか存在してないんじゃないかなあ。






【巨神号】
csg008.JPG
大巨神の飛行形態で、登場する際はこの形態でやってきます。




【正面】
csg009.JPG




【SIDE】
csg010.JPG




【BACK】
csg011.JPG




【斜め後ろ】
csg012.JPG






【大巨神へ変形】
csg013.JPG
不要パーツ(艦橋、スタンド)を外します。



csg014.JPG
つま先を収納します。




csg015.JPG
つま先を90度曲げて、体を起こします。



csg016.JPG
脚部をスライドさせて、太ももを出します。




csg017.JPG
肩を90度開きます。




csg018.JPG
腕をスライドさせて、上腕部を出します。




csg019.JPG
カバーを開いて、背中側へ展開します。




csg020.JPG
頭部を出します。
個人的にスプリングで飛び出すギミックがあったら良かった気しますが、引き出します。(’〜’)





csg021.JPG
変形完了です。 ヽ(’∀’)ノ






【大巨神】
csg022.JPG
大巨神(声:田辺宏章)
ヤットデタマンとコヨミが鍵と錠前を掲げ定番の台詞を唱え2つを合わせると、
大馬神殿から時空を超えて出現する巨大ロボット。
武器は脚部(弁慶の泣き所)に収納された剣と弓矢、ジャベリンで、剣を使用するときは
膝の位置に出ている柄に手をかけて引き抜く。
また、背中についた赤い炎のような形をした部分から大巨神熱線を放つこともできる。
飛行形態の巨神号から変形。自我を持ち自分の意思で戦闘を進めるが、ピンチになると
内部に乗り込んでいるヤットデタマンがペガサス型のサポートメカ・大天馬を呼ぶ指示を出し、
それに従い口笛で大天馬を呼び出して大天馬と合体(スーパードッキング)してケンタウロス型の
半人半馬形態の大馬神、戦車形態に変形した大天馬と合体した場合は大馬神戦車になる。
一人称は「私」あるいは「儂(わし)」。
「慈悲深い(自称)」ため、戦闘不能状態にすれば「罪を憎んで、人を憎まず」をモットーに
とどめは刺さないが、その後悔い改める態度を取らないととどめの一撃「大激怒」を食らわせる。
大抵は弓矢による一撃だが、剣やジャベリンを投げつけたり、大馬神の足で蹴り飛ばすこともある。
召喚時のヤットデタマン達の口上は『男はつらいよ』で主人公の寅次郎が三寸売りをする際の
文句をもじったもの。
偏平足を気にしているが、大激怒を下す場面では、物語の序盤および後半は主に大馬神、
中盤は主に大巨神の姿で大激怒を下すことが多い。大馬神形態から分離して下すこともあった。
毛穴と涙腺が存在しており、自身がピンチになったり感動した時などに、人間が汗をかいたり
涙を流したりするのと同じように、毛穴からはオイル、目からは冷却水を出す仕組みになっている。
さらに、自身の装甲が敵からの激しい攻撃によってボロボロになったり酸攻撃などで
錆に侵されたりする直前で大巨神自らその装甲をパージして骨格(フレーム)だけの状態で
戦うこともある。(Wikiより引用)




【FRONT】
csg023.JPG
残念な事にオプションハンドが全く付属せず、指が可動するタイプしかありません。
人差し指が伸びているので、弓を構えるポーズは良いですが、それ以外はイマイチと
なってしまうので非常に残念です。(’〜’)



【SIDE】
csg024.JPG csg025.JPG




【BACK】
csg026.JPG




【斜め後ろ】
csg027.JPG
ほぼ全身がダイキャストパーツなので、かなり重量感があります。





【可動とか】
csg028.JPG
ヒジの可動は約90度ぐらいですが、上腕部と肩の付け根から曲がると言う、
変なヒジ関節をしています。




csg029.JPG
変形の為でもありますが、肩は前側へ90度スイング可能です。




csg030.JPG
ヒザの可動は約90度です。




csg031.JPG
股間の可動範囲が非常に狭い為、足は殆ど動かせません。
せめてハの字くらい開いて欲しかったです。(’〜’)







【武器とか】
csg033.JPG
正式な名称が良く分かりませんが、剣が付属します。
劇中では刀の部分が銀色で、柄の部分は赤と黄色に塗り分けられている様でしたが、
超真合金に付属の剣は金色のみとなっています。




csg032.JPG
肩のスイングのおかげで、両手持ちが可能です。



csg034.JPG
足の可動範囲が狭いので、ポーズがイマイチ決まりません。
ついでに剣の長さも短すぎる気がします。(’〜’)





csg035.JPG
『大激怒〜!!』 でおなじみの弓です。






【大天馬】
csg036a.JPG
大巨神のピンチの際に、ヤットデタマンが呼び出すサポートメカです。




【FRONT】
csg037.JPG
当時タカトクトイスから発売された、黄金合身の大天馬とあまり変わらない様な…?(’〜’)




【SIDE】
csg038.JPG
足、胴体の一部にダイキャストが使用されていて重量感があります。



【BACK】
csg039.JPG





【斜め後ろ】

csg040.JPG




【可動とか】
csg041.JPG
口はほんの少しだけ開閉します。
足は変形の為でもありますが、良く動きます。





【大天馬戦車へ変形】
csg042.JPG
背中のハッチを開きます。




csg043.JPG
頭部を胴体の中に倒し、顔を収納する為に首のカバーを開きます。




csg044.JPG
顔を押し込み、カバーを閉じます。




csg045.JPG
背中のハッチを戻します。



csg046.JPG
前足を折り曲げて、後ろ足は太もも(?)の中へ収納します。





csg047.JPG
後ろ足にキャタピラを付けます。






【完成!大天馬戦車】
csg048.JPG
砲台を付けて完成です。




【BACK】
csg049.JPG
砲台のミサイルはスプリングで発射可能です。





csg050.JPG
説明書やパッケージに出ていませんでしたが、大巨神を上に乗せてみました。
どうでも良いですが、槍が黄色一色なので安っぽいです。
せめてメッキパーツなら良かったのに。(’〜’)








【大馬神へ変形】
csg052.JPG
大巨神の足に付いてる赤色の羽パーツを外します。



csg053.JPG
足を背中側へ曲げます。





csg051.JPG
大天馬の変形は、頭部を収納する所までは大天馬戦車と共通です。
何かコクピットみたいな物が前にあるので、この状態だとダグラムに出てくる
クラブガンナーとかテキーラガンナーなどの足メカに見えたり…
しないよなあ。(’〜’)




csg054.JPG
大巨神と大天馬をドッキングさせます。





【完成!大馬神】
csg055.JPG
大天馬の前脚に付いていた丸いシールドを、大巨神の腕に装着して完成です。




【FRONT】
csg056.JPG




【SIDE】
csg057.JPG




【BACK】
csg058.JPG





【武器を持たせてみた】
csg059.JPG

ビー!ビー!ビー! (頭部のブザーの音)『 大 激 怒ー!!』
大激怒のシーンは「偏平足」とか言われていたので、どちらか言うと大巨神で
やっていた様な…?(’〜’)



csg060.JPG
槍を持たせてみました。



csg061.JPG
大天馬にもダイキャストパーツが多く使われているおかげで、後ろ足だけで立たせる事が可能です。




csg064.JPG
ついでに剣です。





【大馬神戦車】
csg062.JPG
大馬神の下半身を大天馬戦車へした形態です。
この形態では砲台が正面へマウントされます。



csg063.JPG
何となくプレステのゲームに出てきた、上半身がガンダムで下半身がガンタンクの形態を
彷彿します。(’〜’)







【おまけ】
csg065.JPG
OVA「タイムボカン王道復古」でやっていた大巨神VS逆転王を再現してみました。
 ヽ(’〜’)ノ



csg066.JPG
ついでに握手シーンとか。





【感想とか】
csg067.JPG
最後に逆転王、三冠王と並べてみました。 ヽ(’∀’)ノ
超真合金の大巨神は改めてみると、イマイチな所が結構ありますので、ブレイブ合金とかで
新しく出してくれると嬉しいかも。


posted by G.S.R. at 08:30| 山口 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | その他ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感情があって、どちらかというとロボットぽくないせいか、人気は逆転王、三冠王には劣るんで、CM'sも出さないのかもしれませんね。でも、、こうして三体並べると、なかなか絵になりますね!大きさも良い感じですしね!

Posted by ダミアン at 2009年02月04日 12:46
こにゃにゃちは! ( ゜∀゜)!
これまた、なつかしい!
リアルタイムで見てました♪
うろ覚えですけど
いつも最後に大巨人が許してあげるんだけど
ワル役がなんかボソッっと悪口かなんか言って
結局、成敗されるオチが面白かったです。
Posted by ニューラルジャ at 2009年02月05日 00:42
ダミアンさん>コメントありがとうございます。
タイムボカンシリーズは毎週楽しみに見ておりましたが、ヤットデタマンと
イッパツマンはロボットが格好良かったので特に好きでした。(^^)
大巨神は中途半端に超真合金なんかで出たから、ブレイブ合金化は厳しそうですねえ。(^^;)
Posted by GSR at 2009年02月05日 13:26
ニューラルジャさん>コメントありがとうございます。
毎回、大巨神が「罪を憎んで、人を憎まず!」と許してくれるのですが、
3悪が「偏平足!」「デカブツ」とか悪口を言って、ビービービー!(ブザーの音)
「仏の顔も三度まで、大激怒〜!!」と言うパターンでしたね。(^^)
最後の「やらーれちゃったー、くやしいーなー、今度こそー勝ちましょうー
さーよーなーらーー」の歌が楽しかったです。(>∀<)
Posted by GSR at 2009年02月05日 13:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113640991
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。