2009年01月04日

ブルースワット 【プラデラ】ストライカー

str001.JPG
ブルースワットに登場した、ストライカーのプラデラを購入しました。






【パッケージ】
str002.JPG
バンダイ プラデラ CV−01ストライカー 定価:不明(¥3,000円で購入)




【パッケージ裏側】
str003.JPG





【中身】
str004.JPG



str005.JPG
ロールバーやシールなどは未組立の状態でした。







【FRONT】
str006.JPG

【CV−01 ストライカー】
ショウが搭乗する特殊装甲車。
戦略システム内蔵の大容量コンピュータとガスタービンエンジンを搭載し、
最高時速は312km/hに達する。
車体はチタン合金、タングステン鋼、カーボンファイバー製の3層加圧成型装甲。
ボディは超高質繊維強化メタル製のロールバーで覆われ、ウインドウには防弾ガラスを使用。
助手席には通常、センサーコンソールと小型武器コンテナが搭載されている。
(人間を乗せることもある)
物語中盤で破壊されるが、破壊を機にセイジが考えていた強化案を加えて修理され、
チタンジルコニウム合金製の装甲と4門のインパクトキャノンを装備した
「ブルーストライカー」となる。
ベース車はスズキ・キャラ。(マツダ・オートザムAZ−1のOEM)
(wikiより引用)





【正面】
str007a.JPG
ベース車はずっとAZ−1と思っとりましたが、キャラだったのですね。
大して変わりませんが…。(’〜’;)




【SIDE】
str008a.JPG
スケールはプラデラ・ストライカーの全長が約220mmで、実際のAZ−1は
全長3,295mmとなっているので、約1/15くらいと思われます。




str009.JPG
えらくホイールのサイズが小さいのですが、これでは12インチくらいに見えてしまいます。
これだとタイヤのサイズが155/80R12ぐらいでしょうか?(適当)
ちょっとひどいなあ…。(’〜’)




【BACK】
str010.JPG
テールランプがシールで処理されてしまっているのは非常に残念です。(’〜’)



str012.JPG
ボディ下部には一応マフラーらしき物があります。




【斜め後ろ】
str011.JPG
リヤバンパーも実車ではこんなにノッペリしてなかった様な…。(’〜’;)




【ボディ裏側】
str013.JPG
フジミのプラモも、真っ青な手抜きモールドです。
あと、フロントタイヤはステアリングが切れません。(’〜’)トホホ…





【上から】
str014.JPG
特徴的なロールバーはメッキで再現されています。




str015.JPG
個人的にロールバーは格好良いとは思いませんけど、迫力はあるかな? (’〜’)





【ガルウイング開閉】
str016.JPG
右側のみガルウイングのドアが開閉します。




str017.JPG
シートは運転席側しかありません。





str018.JPG
ハンドルは床から伸びた棒に付いていると言う、すごい投げやりな感じです。(’〜’;)






【付属のフィギュア】
str019a.JPG
付属するショウの可動フィギュアです。




【正面】
str020.JPG




【SIDE】
str021.JPG str022.JPG





【BACK】
str023.JPG



【斜め後ろ】
str024.JPG






【可動とか】
str025.JPG
腕は真上まで上がります。





str026.JPG
ヒジは90度まで曲がりませんが、全く無可動だったコンバットクロスのヒジよりは
マシかもしれません。ヒザは90度曲がります。





str027.JPG
ヒジの上で回転が可能ですが、手首は固定で回転させる事も交換も出来ません。
手のひらには武器保持用のピンが出ています。
太ももの付け根はボールジョイントですが、ハの字に開く事が出来ないのと、足首が固定なので
安定性は良くありません。




【上半身UP】
str028.JPG
バイザーはクリアーパーツで再現されていて、開閉が可能です。




str029.JPG
バイザーを開くとメタルヒーローっぽい顔が現れます。
劇中では人間の目が見えていましたが、再現されていません。





【武器とか】
str030.JPG
ディテクターは腰のホルスターに装備させる事も可能です。




str031.JPG
プラグローダーはコンバットクロスの物より大型化されています。





str032.JPG
両方を装備させてみました。






【乗せてみた】
str034.JPG




str035.JPG




str036.JPG
頭が天井にギリギリ収まっています。





str037.JPG
変な構造のハンドルのおかげで、片腕だけですがハンドルに手を掛ける事も可能です。





str038.JPG
ドアを閉じた状態。ドアは黒いプラ製なので、窓の穴から腕が見えるだけです。




str039.JPG
フロントガラスはクリアーパーツで再現されていますが、スモークがかかっているので
辛うじて見える程度です。









【コンバットクロスと比較】

str033.JPG
コンバットクロスの方が、一回り大きくなっています。







【コンバットクロスを乗せてみた】
str040.JPG
頭が入りませんでした。腕もハンドルに届きません。(’〜’;)






str041.JPG
当初はコンバットクロスが乗れる物とばかり思っていたので、これはかなりがっかりしました。






【感想とか】
str042.JPG
貴重なAZ−1の立体物と思いますが、ちょっと残念な感じですねえ。(’〜’)


posted by G.S.R. at 13:13| 山口 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンバットと比べるとやっぱりプラデラって感じがしちゃいますね(汗)持っていたときはあんまり気にしてませんでしたが、バイザーをあげると確かにメタルヒーローみたいな細い目見たいのがあるんですね〜!
メタルヒーローってバイザーの向こう側に隠し目があるのが多いのでブルースワットも2重構造でこんな目があってもよかったですよね♪
Posted by WiNZA at 2009年01月04日 21:39
あけましておめでとうございます。
今年も楽しいレビュー記事を宜しくお願い致します。
スズキのキャラですかぁ〜、懐かしいですね。
ビートやカプチーノの陰に隠れて、ほとんどうれていなかっただけに、逆に貴重かも?
個人的にはビートが当時、欲しかったです。
Posted by terra2001a at 2009年01月05日 22:25
WiNZAさん>コメントありがとうございます。
プラデラ・ストライカーは、あと数ミリサイズが大きければ、
コンバットクロスにも流用可能だったのが、非常に残念でなりません。(^^;)
付属のフィギュアは、車に乗せる事を考えれば十分じゃないかと
思いました。コンバットクロスより腕は良く動くし、バイザーも開閉出来るし。
それにしても、以前ストライカーをお持ちだったのですか!? (’∀’)
個人的には、AZ−1が大好きなのですが、こんなTOYがあったなんて
つい最近になるまで知りませんでした。(^^;)
Posted by GSR at 2009年01月05日 23:45
terra2001aさん>あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。(’∀’)
私の友人2名は、現役でカプチーノとビートに乗っておりますので、
『こうなったらAZ−1には、俺が乗るしかないだろ!?』 ( ̄口 ̄;)!!
…と妻に頼み込みましたが、「ふざけないで!」と一蹴されました。
マジで欲しいのに…。_| ̄|O
Posted by GSR at 2009年01月05日 23:55
ハンドルの処理に吹きました!でも、時代を感じさせるつくりが懐かしいです!(^0^)
Posted by ダミアン at 2009年01月11日 16:44
ダミアンさん>コメントありがとうございます。
棒に付いただけの変なハンドルですが、インパネまで再現しちゃうと
足回りが入らない恐れがあるので、ある意味この手ぬきっぷりが
フィギュアを乗せるのに、適した形状なのかなあ…。とか思ったりもしますけど
いくらなんでも、ちょっとヒドすぎますよね。(^^;)
私もドア開けた瞬間、マジかよ!?と思いました。(>∀<)
Posted by GSR at 2009年01月12日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。